3C分析

 

3c

3C分析とは

 

3Cの意味

「3C」とは、下記の3つの言葉の頭文字を取ったものです。

①Customer(顧客・市場)

②Competitor(競合)

③Company(自社)

 

3C分析の目的

3C分析は、主として自社の強みや弱みを抽出するために使用します。3C分析は現状分析をするためのフレームワークですので、課題や対策を導くにはSWOTなどの他のフレームが必要になります。

最終的な目的は、自社の戦力の把握ですので、それに繋がらない無駄な項目は、消去しながら進めていくことが大切です。あまりに膨大なデータは、分析者を迷走させてしまいます。

下記の点を意識して、分析を進めましょう。

①顧客・市場のニーズに対して、自社および競合がどのような価値を提供しているか。

②競合他社に比べて、自社は何が優れていて、何が劣っているか。どのように差別化ができているか。

 

3C分析の手順

 

3C分析の進め方

まず、市場を知らなければ、何も始まりません。また、目的は自社の戦力把握なので、自社は最後に分析されます。従って、分析手順は、①市場・顧客②競合③自社、となります。

 

市場・顧客

市場・顧客では下記のようなものを把握します。
・市場規模、成長性
・ターゲットとなる顧客層(会社規模、年齢層など)
・顧客の詳細なニーズ(将来どのように変化していくか)

 

競合

競合については、下記のようなものを抽出していきます。
・競合各社のシェア
・競合の特徴と戦略(低価格、短納期、高品質など)
・新規参入の有無、代替品の可能性

 

自社

自社については、下のように分析します。
・自社は、顧客のニーズに対して、競合他社と比べて、どのような価値を提供しているか(できるか)

 

 

“3C分析” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です