ビジネスモデル・キャンバス

 

bmc

 

ビジネスモデル・キャンバスとは

 

ビジネスモデルの把握に役立つツール

ビジネスモデル・キャンバスは、アレックス・オスターワルダーとイヴ・ピニュールらが提唱したとされるフレームワークで、現状のビジネスモデルの把握や、将来のビジネスモデルへの展開に使うものです。

具体的な使用方法は、9つに分類された表にポストイットを貼っていくというものになります。ポストイットを使用する理由は、検討の段階で自由に修正や追加ができるようにということです。

ビジネスモデル・キャンバスでは、①お客様に対してどのような手段でどのような価値を提供するのか、②その提供価値はどのようにして生み出すのか、そして③それによってどのように収益を得るのか、ということを現状整理し、また将来に向かってそれをどのように改善していくべきかを検討します。

 

ビジネスモデル・キャンバスの概要

bmc2

ビジネスモデル・キャンバスは、情報を9つの要素に振り分けていきますが、各要素は、上のように分類できます。右側に「顧客・市場」に関するものが描かれ、左側には「自社の体制」に関することが描かれます。 両者の間に存在するのが提供価値ということになります。

そしてお客様からもらう料金と自社の運営に必要なコストの差額が収益ということになります。

 

9つの要素

 

9つの要素は、以下の順番で考えていくほうが整理しやすいでしょう。ただし、上でも書いた通り、ポストイットを貼っていく手法ですので、考えながら後で修正や追加をしていくことになるので、順番はあくまで目安としてください。

bmc3

 

CS(対象顧客)

自社のお客様は誰なのか、ということです。会社相手なのか、個人が相手なのか。会社であればどのような業種で、どのような規模の会社か。個人であれば、性別、年齢、年収など。最も重要なのは顧客のニーズは何なのか、という点です。

 

VP(提供価値)

顧客に対して、自社が提供する価値は何か、ということです。顧客のニーズに合っていなければ、自社の製品やサービスが選ばれることはありません。自社の製品・サービスが顧客のどのようなニーズにマッチしているかが重要です。

 

CH(チャネル)

チャネルとは、顧客と繋がる経路を表します。店舗で販売するのか、インターネットのみなのか。どのように製品を知ってもらい、販売意欲を高めてもらうかを考える必要もあります。

 

CR(顧客との関係)

お客様とどのように繋がっているかを示します。継続的な取引なのか、単発が主なのか。継続的な取引ができれば、顧客の開拓にかかる費用は少なくて済みます。

 

RS(収入)

どのように収入を得るのか、実際に顧客から料金をいただく部分になります。現金なのかカードなのか、毎回の利用料だけでなく初期登録にかかる費用も計算します。

 

KA(主要活動)

自社が主とする活動は何か、ということです。開発研究、製造、販売などモノを売るのに必要な要素のうち、自社が請け負う部分はどこなのかを確認します。

 

KR(経営資源)

自社の持つ、経営資源=リソースです。現在では、ヒト、モノ、カネ、情報が主要な経営資源と言われています。「人材」や「技術力」など、自社の強みを分析し、顧客に価値をどのように提供できるのかを考えます。

 

KP(パートナー)

自社の主要活動を定義すると、足りない部分があることが分かるはずです。それらはパートナーによって補われるものです。製品を作り、お客様に提供する過程のどの部分でパートナーが必要になるか、そのパートナーとはどのような関係かを整理します。

 

CS(コスト構造)

経営資源、主要活動、パートナーについて、必要なコストを記載します。コストは固定費なのか変動費なのかも分類しておきます。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です